コンテンツにスキップする

米政府、新型コロナのパンデミック1年半以上持続と予測-NYT紙

米政府は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が「1年半以上続く」と予測し、広範囲にわたる品不足で消費者や医療システムに負担がかかる恐れがあるとみている。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が100ページから成る連邦政府の計画を引用して報じた。

  同紙によると、3月13日付の同計画は、政府機関の対応を概説したほか、特別な大統領権限行使の可能性を示唆している。 トランプ大統領にとって1つの選択肢になるのは、朝鮮戦争時代の1950年に成立した国防生産法に基づき、人工呼吸器などの極めて重要な機器の増産を米国の産業界に命じることだという。

  「重大な品不足」が発生する可能性があり、診断や医療用の機器、防護服などの供給にも打撃が及ぶ恐れがあるとしている。

  同計画は機密扱いではなく、NYT紙に共有された。

原題:
U.S. Sees 18-Month Coronavirus Pandemic Causing Shortages: NYT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE