コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米連邦準備制度、プライマリーディーラー信用ファシリティー導入

更新日時
  • プライマリーディーラー向けに翌日物から最長90日の資金を貸し出し
  • 3月20日から実施、少なくとも半年継続し延長の可能性も

米連邦準備制度は17日、プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)向けの緊急融資プログラムを導入すると発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響に見舞われている米経済への資金の流れを維持するさらなる措置となる。

  声明によると、プライマリーディーラー・クレジットファシリティー(PDCF)は「翌日物から最長90日の資金融資を行い、2020年3月20日に利用可能になる」。この信用ファシリティーは少なくとも半年間継続し、延長の可能性もある。

  当局が15日夜に0.25%に引き下げた公定歩合で貸し出す。当局は同日の緊急利下げで政策金利のフェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0-0.25%に引き下げていた。

  ムニューシン米財務長官は17日の声明で、「PDCF制度の導入は、流動性不足への対応や資金調達市場の混乱緩和、円滑な市場機能の支援、米国の労働者や企業が利用できる信用の供与促進につながる」との見解を示した。

  連邦準備制度は同日早く、企業への直接的な短期資金の流れを確保する狙いでコマーシャルペーパー(CP)を買い入れるCP資金調達ファシリティー(CPFF)を復活させることも公表していた。

原題:Fed Opens New Emergency Lending Program for Primary Dealers (1) (抜粋)

(詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE