, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • トランプ政権の大型景気対策、FRBはCP市場に資金供給へ
  • 米小売売上高が減少、銀行の負担軽減策、アマゾンの優先順位
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Kevin Dietsch/UPI

米国の上空から、最大129兆円規模のヘリコプターマネーが投下されそうです。スケールもスピードもまさにトランプ流のばらまき政策を好感して、株式相場はふわりと浮き上がりました。新型コロナウイルスを「見えない敵」と呼ぶことが多くなったトランプ大統領。記者会見では真剣な表情で「世界保健機関(WHO)が宣言するずっと前から、私はパンデミックになると感じていた」と述べました。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

国民に直接現金を

ホワイトハウスは1兆ドルから1兆2000億ドル(約129兆円)規模の景気刺激策を検討していると、事情に詳しい2人の関係者が明らかにした。ムニューシン財務長官は国民に総額2500億ドルの支援金を4月に支給し、景気がなお低迷していれば5月に同額を第2弾として支給したい考えだと、別の関係者が明らかにした。

金融危機以来

米連邦準備制度理事会(FRB)はコマーシャルペーパー(CP)市場を通じた米企業の借り入れを支援するため、CP資金調達ファシリティー(CPFF)を設立。財務省は為替安定化基金(ESF)を用いて、100億ドル(約1兆700億円)の信用保証を提供する。FRBは特別目的会社(SPV)に資金を提供し、そのSPVが「A1/P1」格付けのCPを対象企業から購入する仕組み。

コロナ以前に失速

2月の米小売売上高は前月比0.5%減少し、1年ぶりの大幅減少。エコノミストの予想中央値は0.2%の増加だった。新型コロナウイルス封じ込め策が景気に影響し始める前から、米経済の原動力である個人消費は既に減速し始めていたことが示唆された。レストランの休業やイベント中止が広がった3月の数字は、一段の悪化が見込まれている。

銀行の負担

FRBや通貨監督庁(OCC)、連邦預金保険公社(FDIC)などの監督当局は、銀行のレバレッジ規制や会計ルールの改正を検討していると、複数の関係者が明らかにした。新型コロナによる影響を緩和するため、銀行資本の拘束を解除することが狙いだという。

必需品ファースト

アマゾン・ドット・コムはトイレットペーパーや消毒剤など、外出自粛や禁止で注文が急増したアイテムの在庫補充と出荷を優先していると、ツイッターへの投稿で明らかにした。生活必需品ではないテレビやおもちゃなどの出荷は、一時的に受け付けないという。

その他の注目ニュース

フランス、大企業の国有化も辞さず-EUは国家補助の制限緩和へ

世界的リセッションは今や「基本シナリオ」-モルガン・スタンレー

ダイアモンド・プリンセス、調理班の感染が拡大を加速-CDC

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE