, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米小売売上高、1年ぶり大幅減-新型コロナ前から既に悪化

更新日時

米商務省が発表した2月の小売売上高は、1年ぶりの大幅減少となった。米経済の原動力である個人消費は、新型コロナウイルス封じ込め策が景気に影響し始める前に、既に減速し始めていたことが示唆された。

キーポイント
  • 小売売上高は前月比0.5%減
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は0.2%増
    • 前月は0.6%増(速報値0.3%増)に上方修正

Consumer Cutbacks

U.S. retail sales fell by the most in more than a year in February

Source: U.S. Commerce Department

  • 飲食店と自動車ディーラー、建材店、ガソリンスタンドを除いたベースのコア売上高は、前月比ほぼ変わらず
    • 市場予想は0.4%増
  • 食料品店の売上高は0.1%減(前月0.2%減)
  • 全米でレストランの一時休業、会議やスポーツイベントの開催中止が広がる中、3月以降の数字は、打撃が多くの分野に及んだことを示す可能性が高い
  • 自動車ディーラーの売上高は0.9%減
    • 自動車とガソリンを除いたベースの小売売上高は0.2%減ー予想は0.3%増
  • 統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Retail Sales Fell in February Ahead of Virus Impact (1)(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE