, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

VIXが31を上回る状況は「投資不可能」-市場関係者の見方

  • 1987年以来最大の米国株安でも市場参加者は「底入れ」発言避ける
  • 新型コロナによる金融危機まっただ中、次の展開の予測不能-ヒル氏
Markets Drop On Weak Manufacturing Reports
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

米国株式市場でここ数日に1987年以来最大の下げを2回も目にした市場参加者は総じて、世界の株式相場の底入れを明言するには後ろ向きだ。

  各国当局は新型コロナウイルス感染による人的被害を回避すべく、経済活動を停止させており、投資家は企業収益の先行きが見えない状況にある。このため、影響を緩和しようとする経済政策の効果にも疑問符が付く。市場のボラティリティー(変動性)高止まり見通しの中、トレーダーは追加の財政刺激策、そして何よりも新型コロナ感染の流行が衰える兆候を待っている。

  投資家やストラテジストの見方を以下にまとめた。

投資不可能

ソルステイン・キャピタルのナディーン・ターマン最高経営責任者(CEO)

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティー指数「VIXが31を超える状況をわれわれは投資不可能と呼ぶ。問題は金や米国債といった安全資産がほかと一緒に値下がりする可能性があることだ。しなければならないのは、ロング(買い持ち)に極めて慎重になることだ」

Global shares have fallen almost 30% from their peak

予測不能

BMOキャピタル・マーケッツの米金利ストラテジスト、ジョン・ヒル氏:

  「VIXが80を上回って終了したのは歴史上3回だけであり、憂慮される。今日以外の2回の事例は2008年第4四半期に起きたことだ。今は新型コロナウイルス感染症(COVID19)による金融危機のまっただ中にいるようだが、まだこれから起こることが多い。次の展開はほとんど予測不能だが、財政刺激策の拡充とコマーシャルペーパー(CP)資金供給ファシリティーが差し迫った政策措置のように見える」

依然一時的

ルートホールド・グループのチーフ投資ストラテジスト、ジム・ポールセン氏:

  「今週以降、経済指標に新型コロナウイルス感染による事業閉鎖の悪影響が反映され始める公算が大きい。ニュースの内容が悪くなるのは間違いないが、少なくとも投資家はようやく基本的な情報の流れに再びつながることになる。指標悪化懸念は、その現実よりも悪いことが多い」

  「この危機が始まった際に広く信じられていた本質的な前提は一時的な現象になるというものだが、それは引き続き最も可能性の高い結果であるように見受けられる。これが確かに一時的なものであり、景気は回復するというコンセンサスが形成されれば、市場はなお、現在の経済的打撃の先を思い描くだろう。株式相場と債券利回りは想定される景気回復を反映して上昇するだけでなく、不安感の反転を受けて上昇するだろう」

原題:
‘We Call It Uninvestible’: Views on Markets After Another Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE