, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

長期金利が0.015%に上昇、昨年1月以来の高水準

長期金利は1年2カ月ぶりの水準に上昇した。今年度末に向けて債券を売却して現金化する動きに加え、前日の米国債市場で10年物国債利回り大幅上昇したことを受けて売りが優勢となっている。

  18日の債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは0.015%と、前日の終値を1ベーシスポイント(bp)上回り、2019年1月以来の高水準を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE