コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ロシュCEO、検査増やす必要性訴え-新型コロナ感染拡大阻止で

  • 「兆候や症状のある人は年齢に関係なく誰でも検査されるべきだ」
  • 最善策は対面での交流をやめること-BTVとのインタビューで語る

スイスの製薬会社ロシュ・ホールディングのセブリン・シュバン最高経営責任者(CEO)は、各国・地域がより多くの人を対象に新型コロナウイルスの検査を実施する必要があり、感染拡大に歯止めをかけるため各自が一層の責任を負うべきだと指摘した。

  ブルームバーグTVとのインタビューでシュバン氏は新型コロナ感染症(COVID19)の兆候や症状のある人は年齢に関係なく誰でも検査されるべきだと指摘。ただ現時点で全ての人を検査するには資源が全然足りないと述べた。その一方で、大半の人々ができる最善策は人と直接会って交流することをやめることだと語った。

  「社会距離戦略に関するもので、集まりに参加せず、手を洗うことだ。それが新型コロナ拡散に歯止めをかける最も効果的な方法だ」と強調した。

ロシュのセブリン・シュバンCEO

(出典:ブルームバーグ)

  ロシュは13日、自社の高速新型コロナ検査製品について米食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可(EUA)を取得したと発表した。この検査は医療従事者による資源配分や隔離などの判断に役立つ見通し。シュバン氏は過去最速で使用の段階に達したことについてFDAと「かなりうまく協力」したと胸を張った。

  検査拡大が望ましいと主張するシュバン氏は世界保健機関(WHO)と同じ立場だ。英国など欧州の一部の国は感染が拡大する中で検査活動を縮小している。

  ロシュは16日、「cobas SARS-CoV-2 Test」の最初の割り当て分について米国内の病院や研究所への出荷を始めたと発表した。

原題:Roche CEO Says We Need to Test More People, Stop Spreading Germs;Roche Starts Shipments of Covid-19 Tests to Labs Across U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE