, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

【NY外為】ドル指数3年ぶり高水準近辺-各国対応も懸念拭えず

更新日時

16日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が上昇。一時3年ぶり高水準に達し、その後も同水準付近で推移した。主要中央銀行による政策対応にもかかわらず、新型コロナウイルス感染拡大とドル調達難への懸念がリスク選好に重しとなった。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は一時0.4%上昇し、2017年以来の高水準
    • ドルは主要10通貨に対してはまちまち。株式相場が大幅安となる中、避難先通貨が堅調。一方、原油先物が1バレル=30ドルを割り込んだことを受けて、資源国通貨が売られた
  • 新型コロナの感染報告が多いイタリアのロンバルディア州では、感染症例の増加ペースが鈍り、この1週間で最も少ない数になった
  • 16日発表された米経済指標では、3月のニューヨーク連銀製造業景況指数がマイナス21.5に低下し、2009年以来の低水準。前月(12.9)からの低下幅は、34.4ポイントで過去最大
  • 国際通貨基金(IMF)は新型コロナ対策に取り組む加盟国に対し、1兆ドル(約105兆円)の融資能力を活用する用意がある。ゲオルギエワ専務理事が表明した
  • ニューヨーク時間午後4時52分現在、ブルームバーグのドル指数は0.2%上昇
  • ドルは円に対して1.5%安の1ドル=105円98銭。一時は2.3%下げた
  • ユーロは対ドルで0.6%高の1ユーロ=1.1168ドル
  • 原油安を受け、カナダ・ドルは米ドルに対して1.4%下落

原題:
Dollar Steadies Near 3-Year High Amid Market Angst: Inside G-10(抜粋)

(最新の相場に更新し、カナダ・ドルを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE