コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: Paul Yeung/Bloomberg
cojp

米厚生省にハッカー攻撃、新型コロナ対策の妨害工作と関係者

米厚生省のコンピューターシステムがハッカー攻撃を受けていたことが明らかになった。事情に詳しい複数の関係者によると、新型コロナウイルス対策への攻撃を狙った妨害および偽情報拡散工作の一環で、国外からの攻撃の可能性もあるという。

  国家安全保障会議(NSC)のウリオット報道官は「われわれは厚生省のコンピューターネットワークへのサイバー攻撃を認識しており、連邦政府が入念に調査している」と発言。「厚生省と連邦政府のサイバーセキュリティー専門家は連邦ネットワークの安全確保のために引き続き監視を続け、必要な行動を取っている」と述べた。

  米当局者の1人が語ったところによると、国外からの攻撃が疑われているが、背後に誰がいるのかトランプ政権はまだ把握できていない。

  同省のシステムからはデータは持ち出されていないようだと、関係者の1人が話した。

原題:Cyber-Attack Hits U.S. Health Agency Amid Covid-19 Outbreak (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE