, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

SEC委員長、取引所の業務停止観測を否定-現状況下でも機能果たす

米証券取引委員会(SEC)のクレイトン委員長は16日、株式市場は取引を継続するべきだとの考えを示した。委員長はCNBCのインタビューで、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うボラティリティーを理由に証券取引所は取引を停止するべきかどうかの問いに答えた。

  クレイトン氏は電話で取材に応じ、「このような状況でも市場は引き続き機能すべきだ」と述べ、ウォール街の「あらゆる組織と連携を取り合っている」と話した。

  新型コロナの感染拡大を背景に今後も市場で荒い値動きが続き、金融機関が成長見通しを引き下げれば、証券取引所は取引を停止するとの観測が広がっていた。

原題:SEC Chief Rejects Speculation Markets Should Be Shuttered (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE