, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

シャープ、液晶パネル事業を2020-21年度中に分社化の方針

更新日時

シャープは、2020-21年度中に液晶パネル事業を分社化する方針だ。

  広報担当の平野勉氏はブルームバーグの電話取材に対し、戴正呉会長兼社長が分社化の意向を持っていることは事実だと認めた。

  同事業の分社化については、日本経済新聞電子版が16日夕に先行して報じていた。同紙によると、戴社長は株式上場も検討しており、外部から資金を調達することで次世代パネル技術への投資に向けた成長の原資を確保するのが狙いとも報道。さらに、上場した場合もシャープが5割超の出資を維持するとも伝えていた。

  株式上場について平野氏はコメントを控えた。

  シャープは現在、米アップルとジャパンディスプレイの白山工場の共同買収に向けた協議を進めている。

Sharp Expects Profit from TV Operations

Photographer: Tomohiro Ohsumi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE