コンテンツにスキップする
Photographer: GABRIEL BOUYS/AFP

多くの航空会社が5月末までに破綻へ、新型コロナで-コンサル会社

  • 既に多くの航空会社が厳密に言えば破綻状態-CAPA航空センター
  • 破滅的状況を避けたければ政府と業界の協調行動が必要になる
Empty rows of seats are pictured at the Madrid-Barajas Adolfo Suarez Airport in Barajas on March 14, 2020. - Madrid became a ghost town today with shops closed and streets and squares deserted as Spain recorded hundreds of new coronavirus infections. An eerie calm descended on the Spanish capital as well as Rome, Dublin and other European cities as people obeyed strict government measures designed to stem the spread of the disease and stayed home. (Photo by GABRIEL BOUYS / AFP) (Photo by GABRIEL BOUYS/AFP via Getty Images)
Photographer: GABRIEL BOUYS/AFP

新型コロナウイルスの世界的感染拡大により、各国・地域の政府と航空業界が連携した対応を取らない限り、多くの航空会社は5月末までに経営破綻に追い込まれる。航空業界コンサルティング会社のCAPA航空センターが警鐘を鳴らした。

  オーストラリアのシドニーを拠点とする同社は16日付のリポートで、既に多くの航空会社が厳密に言えば破綻の状態にあるか、複数の債務コベナンツ条項に抵触していると指摘。運航停止や搭乗客の大幅な減少で航空会社は手元資金が急速に枯渇しつつあると分析した。

  その上で「もし破滅的状況を避けたいのなら、政府と業界の協調行動が今、必要だ」とし、さもなければ「危機を脱する時には業界は死者であふれる悲惨な戦場のようになっているだろう」と付け加えた。

  米国と中国、中東の大手航空会社の大半は、政府支援や所有者からの助けによって生き残る公算が大きいと同社はみている。

参考記事
欧米航空業界、政府支援求める動き相次ぐ-新型コロナで需要蒸発
アメリカン航空、長距離国際線を75%減便-新型コロナで需要落ち込む

原題:
Virus to Bankrupt Most Airlines by End of May, Consultant Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE