コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America
cojp

原油先物が乱高下、一時2.8%安-米緊急利下げ後は上昇

米緊急利下げを受け、アジア時間16日早朝の取引で、国際原油相場は乱高下した。

  北海原油代表油種ブレント先物相場は一時約6%上昇したものの、その後マイナス圏となり、2.8%安で取引された。

  シンガポール時間午前6時8分(日本時間同7時8分)時点で、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は43セント安の1バレル=31.30ドル、北海ブレント先物は 85セント安の同33ドル。

Futures post the biggest weekly loss since 2008

原題:Oil Drops in Volatile Trade as Fed Cuts Rates, Travel Bans Grow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE