, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

欧州委員会、今年のEU経済成長率をマイナス1%と予測

  • ユーロ圏のリセッション、いまや基本シナリオ-欧州委
  • 2021年は大幅回復も、落ち込みを完全に取り戻すには至らず

新型コロナウイルスによる危機で欧州連合(EU)とユーロ圏は今年、深刻なリセッション(景気後退)に陥るとの予測を、欧州委員会が13日明らかにした。

  欧州委員会は「あらゆる経路を通じた直接的な影響で、今年の実質域内総生産(GDP)成長率はパンデミック(世界的大流行)がなかった場合と比べ、2.5ポイント押し下げられる」と試算。「EUの今年の実質GDP成長率が1.4%と予想されていることを考慮すれば、成長率はマイナス1%をやや上回る落ち込みとなることが示唆される。2021年は大幅に回復するが、落ち込みを完全に取り戻すには至らない」との見通しを示した。

European Union Slump

The commission predicts economic output will contract 1% this year

Source: Eurostat, European Commission

原題:
EU Commission Expects EU GDP to Shrink by Around 1% in 2020 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE