コンテンツにスキップする
Subscriber Only

新型コロナで旅行が急減、観光業で5000万人の雇用が失われる可能性

新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めようと、各国政府が徹底的な措置を講じていることから、観光業界では5000万人もの雇用が失われる可能性がある。

  新型コロナのあおりで航空機やクルーズ船の運航停止が相次いでおり、2020年に見込まれている旅行の最大25%に影響が及ぶと、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)が指摘した。

  マネジングディレクターのバージニア・メッシナ氏は電話取材に対し、「多くの企業にとっては、収入を生み出すことなくどの程度長く事業を続けられるかどうかの問題だ。旅行代金を払い戻しながら大幅な損失を出している」と発言。「観光セクターが打撃を受けるのは避けられない」と話した。

  観光セクターの雇用者数が2018年に約3億1900万人だったことに基づくと、世界全体の観光関連雇用の約16%がリスクにさらされていることをWTTCの見積もりは示唆している。

原題:
Coronavirus Travel Plunge Could Wipe Out 50 Million Tourism Jobs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE