コンテンツにスキップする
Subscriber Only

日銀、今後も市場動向踏まえ必要に応じ追加的な長期国債買入れ実施

日銀の黒田総裁

日銀の黒田総裁

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

日本銀行は13日、年度末に向けた金融市場調節面の対応を発表し、今後も市場の動向を踏まえつつ、必要に応じ、追加的な長期国債の買入れを実施するとした。来週以降、年度末越えの共通担保資金供給オペや国債買現先オペも含め、 ターム物資金の積極的な供給を実施する。13日も事前に公表していたスケジュールにない追加的な長期国債の買入れを実施した。

  年度末に向けてレポ市場で国債需給が過度に引き締まることを抑制し、市場の安定を確保する観点から、一時的な措置を実施する。3月16日以降、4月3日までの間に実施する国債補完供給 について、事前の売却希望銘柄の申請を不要とし、原則、日銀が 保有する全利付国債・国庫短期証券の銘柄を対象としてオファーする。3月25日に3月31日スタート、4月1日エンドの国債の買戻条件付売却(国債売現先オペ)をオファーするほか、必要に応じて追加的に同オペを実施する方針。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE