, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

サマーズ氏、米経済の「日本化」に警鐘-より積極的な行動求める

  • 米経済には財政出動を半年も待つ余裕はない
  • より大胆で実験的なアプローチが必要になる
Japan Stocks Headed for Worst Week Since 2008 Amid Global Rout
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

サマーズ元米財務長官は12日、米国債利回りが超低水準に落ち込む中、現在の米経済が日本型のスタグネーション(停滞)に直面しているとの認識を示した。

  サマーズ氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「われわれは本質的に日本と同じ状況にある」と指摘。 「日本の経験が物語っているように、そこから抜け出すのは極めて困難だ。欧州の例からもそれがますます読み取れる」と述べた。

サマーズ元米財務長官、米経済見通しについて語る

(出典:ブルームバーグ)

  リーマン・ブラザーズの破綻後に十分な財政出動を行わなかった失敗を繰り返さないため、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に際してはより積極的な行動が求められている。

  サマーズ氏は「米経済には財政出動を半年も待つ余裕はない」として、「より大胆で実験的なアプローチが必要になる。一段と積極的な財政政策は言うまでもない」と語った。

原題:
Summers Says U.S. Economy Now Confronts ‘Japanification’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE