コンテンツにスキップする

ゴールドマン、従業員を2分割して交代制の在宅勤務指示

  • ロゴの色に合わせて青と白の2チームに従業員を分割
  • JPモルガンもNY地域の従業員に交代制の在宅勤務指示

ゴールドマン・サックス・グループは新型コロナウイルス感染拡大の影響を抑制するため、米州と欧州・中東・アフリカ(EMEA)の従業員を分割し、半分ずつ交代制で在宅勤務を実施できるようにする方針を明らかにした。

  ゴールドマンは12日の社内文書で、同社のロゴの色に合わせて青と白の2チームに分割し、来週から在宅勤務とオフィス勤務を交互に交代制で行うと説明した。

  この新しい措置はゴールドマンがアジア太平洋地域で既に実施しているものと同様。事情に詳しい関係者1人は、「ビジネスに不可欠な」従業員はこの措置に参加しないと匿名を条件に明らかにした。

  JPモルガン・チェースもこの日早くに、ニューヨーク地域の従業員を対象に交代制の在宅勤務を指示していた。

原題:
Goldman Tells Employees to Work at Home in Staggered Shifts (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE