コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、ワシントンでロビー活動強化-出資先企業でも成果

  • ロビー活動報告する団体のうちソフトバンクGの支出は上位4%入り
  • スプリントとTモバイル統合が前進-出資先ニューロは規制要件緩和

テクノロジー・スタートアップ企業に積極投資するソフトバンクグループが、ワシントンでのロビー活動を強化している。

  米議会への届け出によると、ソフトバンクGの2019年のロビー支出は194万ドル(約2億円)と、前年の22万5000ドルから急拡大した。子会社によるロビー活動が含まれていない同支出は、アマゾン・ドット・コムやフェイスブックなど米巨大テクノロジー企業に比べるとかなり少ないが、ネットフリックスやペイパル・ホールディングスの2倍余りの規模となる。

  センター・フォー・レスポンシブ・ポリティクス(CRP)によれば、ロビー活動を毎年報告する約1万に上る団体のうち、ソフトバンクGの支出は上位4%に入る。

  CRPでシニアリサーチャーを務めるダン・オーブル氏は「200万ドルというのはワシントンでは多額だ」と指摘。テック業界にとっては少額のようにも見えるが、ワシントンでは「比較的抑えられた支出でも大きなリターンを生むことがある」と同氏は話す。

ロビー活動に成果

  ソフトバンクGのワシントンでの取り組みは、同社が米政治に新たな関心を寄せていることを示唆している。18年より前の3年間は米国でのロビー活動費は実質ゼロだった。ソフトバンクGが編成した経験豊富なロビイストのチームは同社に加え、出資先の数十社のスタートアップ企業のためにも陳情しており、政策希望リストのトピックは自動運転車から商用宇宙船まで多岐にわたる。

  ソフトバンクGは米フォード・モーターのチーフロビイストだったジアド・オジャクリ氏を採用した2年前からワシントンでの人員増強を開始し、ロビー事務所カルメン・グループとも契約した。昨年には社内の4人をロビイストとして登録した。

  こうした取り組みには成果が見える。規制を巡る問題や法廷闘争でTモバイルUSへのスプリント売却の実現が阻まれていたが、米連邦通信委員会(FCC)と司法省から昨年承認を受け、差し止めを求める州司法当局の訴えも連邦地裁が退けたため、統合完了が見えてきた。

  オジャクリ氏は、「第5世代(5G)移動通信の観点からすれば米国にとってこれは信じられないほど素晴らしいものになると米政府に陳情してきた」と明かす。

  また、ソフトバンクGが出資するスタートアップ企業の陳情にも多くを費やしたと説明。創業から間もない企業はワシントンで自らの利益を主張するための人脈やリソースを持っていないことが多い。さらに、新興企業の幹部らは1人で「3つの仕事」を掛け持ちことも珍しくないといい、ワシントンをどのように動かせばよいのかと考える時間もほとんどないとオジャクリ氏は語る。

Softbank

ジアド・オジャクリ氏

Photographer: Tom Williams/CQ-Roll Call via Getty Images

  ソフトバンクGの情報開示文書では、ビジョン・ファンドを通じて数社に出資している自動運転車関連のロビー活動が示された。米ニューロは運輸省道路交通安全局(NHTSA)から低速デリバリー車の新車両「R2」でフロントガラスなどの設置要件を免除された。ヒューストンでテストを行い、近くドミノ・ピザの配達などを担う見通しだ。

  ソフトバンクGは米国での活動を巡り、日本企業として追加的なルールや制限にさらされる。オジャクリ氏のチームは国家安全保障リスクを審査する対米外国投資委員会(CFIUS)への対応が必要になっている。

  「われわれはCFIUSの最大の常連客だ」とオジャクリ氏は冗談めかして語る。「米国内で最も革新的な企業の一角への投資を希望する米国の同盟相手であるという観点から対処している」と言う。

US-POLITICS-ECONOMY-FOXCONN-ENTERPRISES

ウィスコンシン州のフォックスコン施設で話す孫正義氏と耳を傾けるトランプ米大統領(2018年6月28日)

Photographer: Brendan Smialowski/AFP via Getty Images

  トランプ氏の16年米大統領選勝利後、CFIUSは強力になっている。トランプ氏は孫正義社長も自ら少しばかりロビー活動をしたことがある人物でもある。

  孫氏はニューヨークのトランプタワーで大統領就任を1カ月後に控えたトランプ氏と会い、期間は示さなかったものの、米企業に500億ドルを投資すると表明していた。オジャクリ氏は「そのコミットメントの実現に向けてわれわれは順調に進んでいる」と明かした。

原題:SoftBank Ratchets Up D.C. Lobbying to Boost Its Startups(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE