コンテンツにスキップする

欧州株が記録的な大幅安、米国の欧州渡航制限にECB決定が追い打ち

  • ストックス欧州600は過去最大の下落、19業種全て8%超える下げ
  • イタリアFTSE・MIBは17%安、英FTSE100は11%安

12日の欧州株は急落した。新型コロナウイルスの感染拡大に対して米国と欧州が打ち出した対応は期待外れで、2月下旬以降に失われた時価総額は合計で4兆ドル(約422兆円)に達した。

  ストックス欧州600指数は11%安で、1日として過去最大の下落率。トランプ米大統領が発表した欧州からの渡航制限強化に加え、欧州中央銀行(ECB)の金利据え置き決定が投資家に追い打ちをかけた。

  業種別では19業種全てが8%を超える下げ。イタリアの代表的な株価指数FTSE・MIBも17%安と過去最大の下げで、7年ぶりの安値に沈んだ。英FTSE100は11%安と、1987年の株価暴落以来の下げを記録した。

European stocks slump the most ever on disappointing ECB, U.S. ban

原題:
European Stocks Plunge Most on Record After ECB Underwhelms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE