, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米金融当局、市場混乱緩和で積極的措置-国債購入対象拡大

更新日時
  • 新型コロナ感染拡大による市場の混乱に対処-NY連銀
  • 3カ月物と1カ月物レポでそれぞれ5000億ドル供給へ

米連邦準備制度は12日、米国債市場の「一時的な混乱」を緩和するため、市場に流動性を大量供給するとともに、米国債の買い入れ対象を拡大する積極的な措置に踏み切った。金融危機時に採用した量的緩和(QE)を想起させる措置だ。

  ニューヨーク連銀は声明で、新型コロナウイルス感染拡大に関連した米国債市場での「極めて異例な混乱に対処するための変更だ」と説明。パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が連邦公開市場委員会(FOMC)と協議した上で指示したことを明らかにした。

  月額600億ドル(約6兆2800億円)の財務省証券を購入する現行プログラムの下、買い入れの対象を米国債市場の年限構成に合わせて拡大し利付債なども含めるという。

S&P 500 briefly pared some of its losses after Fed bond measures announced

  米金融当局による予想外の発表直後に米株式相場は下げ幅を縮小したものの、この措置が新型コロナ感染拡大から経済を守るのに十分かどうか投資家は確信が持てず、米政府による強力な対策を待つ構えだ。

  パンセオン・マクロエコノミクスのチーフエコノミスト、イアン・シェパードソン氏は「これは本格的な危機対応作戦であり、米金融当局が流動性の枯渇を許さないことを十分に明示する意図がある」と指摘。「当局が近い将来、米国債の幅広い銘柄を対象に600億ドル相当を購入すると予想する。QE第4弾の到来だ」と述べた。

  さらに、ニューヨーク連銀はこの日、3カ月物レポ取引で5000億ドルを供給。13日も1カ月物と3カ月物でそれぞれ5000億ドルを供給し、月内は週ベースで継続することを明らかにした。

原題:N.Y. Fed to Conduct Purchases Across Range of Maturities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE