コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: BRYAN R. SMITH/AFP
cojp

米国株急落、ブラックマンデー以来の大幅安

更新日時

12日の米株式相場は続落。S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均は1987年のブラックマンデー以来の大幅安となった。米金融当局による異例の債券購入措置とトランプ政権が打ち出した景気対策は、新型コロナウイルス感染拡大への政策対応としては不十分との懸念が広がった。

  • 米国株はダウとS&P500がブラックマンデー以来の急落
  • 米国債は総じて反発、10年債利回りは0.80%
  • NY原油は大幅続落、米国の入国制限で需要懸念
  • NY金先物は大幅続落、1600ドル割れ-換金売り加速

  この日は欧州、ブラジル、カナダと世界で株安が連鎖。米国の主要3株価指数は全て9%余り下げた。S&P500種は弱気相場入りし、2018年末以降の上昇分を全て失った。

  S&P500種株価指数は前日比9.5%安の2480.64。ダウ平均は2352.60ドル(10%)安の21200.62ドル。ナスダック総合指数は9.4%低下。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.80%。

A gauge of stocks worldwide is trading more than 20% below its peak

  プリンシパル・グローバル・インベスターズのシーマ・シャー氏は「市場はより多くを期待しているのだろう」と指摘。その中身は、一時的なショックがより長期的な危機に発展しないようにする「中央銀行の一段と画期的な取り組み、経済の最も弱い部分にさらに的を絞った支援の拡大、財政当局の行動などだ」と語った。

  ニューヨーク原油先物相場は大幅続落。トランプ米大統領が欧州から米国への渡航を30日間大幅に制限すると表明し、需要懸念に拍車が掛かった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は1.48ドル(4.5%)安の1バレル=31.50ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント5月限は2.57ドル安の33.22ドル。

  ニューヨーク金先物相場は大幅続落。世界的な株安が続く中、金を売って利益を確定し、流動性を確保する動きが加速した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は3.2%安の1オンス=1590.30ドルで終了。スタンダードチャータード銀行の貴金属アナリスト、スキ・クーパー氏は「短期的には流動資金ニーズが相場を動かす主因になる」と指摘した。

原題:U.S. Stocks Sink in Worst Day Since Black Monday: Market Wrap(抜粋)

Oil Plunges Deeper After Trump’s Travel Ban Deals Blow to Demand

Investors Hunting Liquidity Are Selling Gold to Ride Out Turmoil

(市場関係者のコメントを追加、相場を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE