コンテンツにスキップする

トランプ大統領の新型コロナ対策、市場関係者から失望の声相次ぐ

トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Yuri Gripas/Abaca Press
トランプ大統領
Photographer: Yuri Gripas/Abaca Press

トランプ米大統領が表明した前例のない欧州から米国への渡航制限や、期待を下回る景気刺激策を受け、12日の世界金融市場ではリスク資産から新たに資金が流出した。

  世界経済や企業利益への影響を急いで判断したいとの考えや、米景気刺激策が詳細を欠くことへの失望感、米政府が新型コロナウイルス対策で後手に回っているとの見方などが、市場参加者の主な見解となっている。

  市場関係者の見方は以下の通り(抜粋):

AxiCorpのグローバルチーフマーケットストラテジスト、スティーブン・イネス氏

  「トランプ大統領は欧州を批判する一方で、米国についてはより厳格な国内移動対策を発表しないことで、新型コロナウイルス感染症(COVID19)を欧州やアジアの問題として扱っている。市場がこれを好感していないのは明らかだ」。米国内のより厳格な封じ込めの取り組みを発表していたら、売りを抑えられたかもしれないと同氏は指摘。

  「トレーダーらは米政府が新型ウイルス対策で後手に回っていると考えて売りボタンを押しているため、現在は『終わりの見えない』リスクオフトレードが支配的となっている」

ペッパーストーン・グループの調査責任者、クリス・ウェストン氏(メルボルン在勤)

  「トランプ氏の措置は、英国などの国々に比べると非常に物足りない。トランプ氏はここで総司令官のような存在になる必要があり、市場は超党派的な対策を期待していた」

原題:
Here’s What Investors Are Saying About Trump’s Shock Virus Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE