コンテンツにスキップする

トランプ氏が「中国ウイルス」をリツイート、米中の新たな火種にも

  • 米共和党はウイルスが国外から流入と強調-初動への批判かわす狙い
  • 中国は発生源が不確定と主張、責任を最小限にとどめる意図透ける

米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席はいずれも、新型コロナウイルス感染拡大の政治的責任を転嫁したいのだろう。それが呼称を巡る争いに表れている。

  新型コロナ感染症が全米規模に広がる中、トランプ氏と共和党幹部はウイルスが国外から持ち込まれたことを強調。メキシコとの国境の壁建設を含め、移民抑制の正当化に利用しようとすらしている。トランプ氏は10日、自身の支持者であるチャーリー・カーク氏が新型コロナを「中国ウイルス」と呼んだことをリツイートし、「米国にはかつてないほど壁が必要だ」とした。

  中国当局は昨年12月に湖北省武漢市で感染が確認されて以来、新型コロナと中国を結びつけるような描写に抵抗してきた。中国外務省や国営メディアは「武漢ウイルス」のような言葉が出るたび火消しに走っている。

  同省の趙立堅報道官は先週、「ウイルスの起源についてまだ結論は出ていない」と主張。「『中国ウイルス』という呼称は、事実や根拠の裏付けなしに発生源を示唆するもので、中国に責任を押しつけようとする一部メディアの隠れた動機が露骨に表れている」と語った。

  世界保健機関(WHO)は特定の場所や集団に非難が集中するのを防ぐ目的もあり、新型コロナ感染症を「COVID19」と名付けた。10日に米議会公聴会でトランプ氏のツイートについて尋ねられた米疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長も、中国のコロナウイルスと呼ぶのは不適切だと語った。

  金融市場が過去10年で最悪の混乱に見舞われ、トランプ政権の初動対応を民主党が攻撃する中、政治的な批判が降りかかってくることを懸念する一部の共和党議員にこの表現は人気がある。

  同様に中国共産党も、世界で11万8000人を超える感染者を出し、世界経済をリセッション(景気後退)に突き落とそうとしているこのウイルスに対する自らの責任を最小限にとどめようと、国内外で中国を連想させる表現を打ち消そうと躍起だ。

原題:
Trump’s Retweet of ‘China Virus’ Fuels Tensions With Beijing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE