コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ソフトバンク孫氏、新型コロナ100万人検査計画を撤回―批判相次ぐ

更新日時
  • 表明から約2時間後に「評判悪いから、やめようかなぁ」
  • 3年ぶりにツイッター投稿を再開、孫氏個人の取り組みと広報担当者
孫正義社長

孫正義社長

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ソフトバンクグループの孫正義社長は、新型コロナウイルス感染を調べる簡易PCR検査を100万人に無償提供する計画を撤回した。突然の表明から約2時間後の急転となった。

  孫社長は11日午後8時34分、「検査したくても検査してもらえない人が多数いると聞いて発案したけど、評判悪いから、やめようかなぁ。。。」とツイッターに投稿した。  

  無償提供の表明後、孫社長のツイッターには検査の増加で患者が病院にあふれ、医療崩壊となることを懸念する声が多く寄せられた。孫社長は検査が自宅で実施できることや厚生労働省を訪問したことを説明したが、懸念を払しょくできなかった。

  孫社長は10日夜に2017年2月9日以来、3年ぶりにツイッターへの投稿を再開し、「新型コロナウイルスの状況を心配」「どんな貢献ができるか検討」「行動を開始」と立て続けに表明していた。

  ソフトバンクGの赤沢悠樹広報担当は「孫個人の取り組みとして発表したが、賛同者が少ないので撤回したもようだ」と説明。今後についてはコメントしなかった。

  岩井コスモ証券の川崎朝映アナリストは「誰でも検査できるようになってしまうと、韓国でもみられたように医療機関が大変なことになってしまうこともある」と指摘。孫社長は今後、「何らかの別の形で新型コロナウイルスに対する貢献をするのではないか」との見方を示した。

  孫社長の100万人検査計画に対し、著名人が即座にツイッターで反応。ホリエモンの愛称で知られる実業家の堀江貴文氏は「やめた方がいいですね」と返し、ヤフー前会長で東京都の宮坂学副知事は「頭が千切れるほど考えたのか?たいがいにせぇ!!ハゲるまでやれ!」とかつて部下として怒られた記憶が走馬灯のように蘇ったと応じた。

(ソフトバンクグループのコメントや著名人の反応を追記します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE