コンテンツにスキップする
Subscriber Only

株1万9000円割れ、コロナ世界的流行-ドル大幅安、長期金利上昇

更新日時
  • 日経平均は同856円43銭安の1万8559円63銭-景気に悲観的な見方
  • ドル・円相場は一時103円台に下落-債券は益出し売り優勢
Japan Stocks Plunge On Growing Coronavirus Fears
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Getty Images AsiaPac

12日の東京株式相場は大幅続落し、日経平均株価は約2年11カ月ぶりに終値ベースで1万9000円を下回った。世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスは「パンデミック」(世界的な大流行)と宣言、米国による欧州からの渡航制限を受けて世界経済への影響が懸念された。外国為替市場でドル・円相場は一時1ドル=103円ちょうど付近まで下落し、長期金利は上昇した。

  • TOPIXの終値は前日比57.24ポイント(4.1%)安の1327.88
  • 日経平均は同856円43銭(4.4%)安の1万8559円63銭
    • 2017年4月24日以来の1万9000円割れ

  前日の米国株大幅安をを受けて日本株も大きく下落して取引開始。午前半ばに米国の新型コロナウイルス対策が発表されると、期待外れとの見方から下げ足を速めた。大和証券の壁谷洋和チーフグローバルストラテジストは「新しい要素が少なく、マーケットでは対策不十分との第一印象」と指摘した。

  トランプ米大統領は11日、新型コロナウイルス感染拡大への対応を巡る国民向け演説で、欧州から米国への全ての渡航を向こう30日間停止すると表明した。これはトランプ政権が打ち出した新型コロナ対策の中で最も広範囲な措置となる。渡航停止の対象には英国は含まれない。大統領は「これは金融危機ではない。一時的な状況にすぎず、国家として、また世界全体としてわれわれは克服するだろう」と語った。

President Donald Trump Speaks On Virus Plans

演説したトランプ大統領(3月11日)

Photographer: Doug Mills/The New York Times/Bloomberg

〈きょうのポイント〉

  • トランプ大統領、欧州から米国への全ての渡航を30日間停止
  • 世界保健機関(WHO)が「パンデミック」を宣言
    • 世界の感染者は12万人、死者は4300人を超え
  • イタリア、新型コロナ対策に3兆円充当へ
    • コンテ首相は食料品店と薬局以外の全ての小売店閉鎖を指示
  • 日銀の黒田総裁、適切な資産買い入れ進め、市場・経済安定図る-首相と会談

  三菱UFJ国際投信の向吉善秀シニアエコノミストは、新型ウイルスのパンデミック宣言で景気の先行きが懸念されるところに「欧州から米国への渡航制限でヒト人やモノの動きが抑制されれば、世界経済の停滞を招く恐れがある」と話した。

  SBI証券の鈴木英之投資調査部長は、パンデミックが宣言されたことで今後2ー3週間は市場の動揺が続くとみている。

  • 東証1部業種別指数は全て下落、海運、不動産、精密機器、鉄鋼、銀行、非鉄金属が下落率上位

東京外国為替市場のドル・円相場は大幅下落。トランプ大統領の新型コロナウイルス感染問題への対応策が期待に及ぶ内容ではなかったことから、ドル売り・円買いが進行し、一時は前日比1.4%安の1ドル=103円09銭を付けた。その後は、安倍晋三首相と会談をした日本銀行の黒田東彦総裁による市場・経済の安定化に向けた前向きな発言を受けて104円台を回復する場面があったものの、午後の取引終盤にかけては103円台後半へと水準を下げた。

  国内債券相場は反落。長期国債先物6月物の終値は前日比40銭安の154円35銭。長期金利は1ベーシスポイント(bp)高いマイナス0.065%で取引されている。市場で警戒されていた20年国債入札を無事に終えたことで午後に買いが優勢になる場面もあったが、株安での損失を埋める債券での益出し売りなどが優勢となった。

12日は大幅続落し1万9000円割れ

 

(株価終値、為替、債券相場の詳細を加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE