, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

新型コロナ、致死率は季節性インフルエンザの10倍-NIAID所長

世界で感染が拡大する新型コロナウイルスの「致死率は季節性インフルエンザの10倍だ」と、米政府で感染症対策を率いる高官が述べた。感染拡大の抑制に米国は真剣に取り組まなくてはならないと警告した。

  米国立衛生研究所(NIH)のアンソニー・ファウチ国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長は11日、下院監視・政府改革委員会の公聴会で、「結論を言えば、状況はさらに悪化する」と証言。「極めて深刻な抑制措置を今取らなければ」、感染拡大の封じ込めが「数週間遅れることになる」と述べた。

  米国は国外からのウイルス流入を抑えなくてはならないほか、大規模な集会を制限するなど国内でも食い止め措置を取る必要があると、同氏は指摘した。

House Oversight Committee Hearing On Coronavirus Preparedness And Response

フォウチ氏、3月11日の下院監督・政府改革委員会の公聴会で証言

撮影:アンドリュー・ハラー/ブルームバーグ

  ワクチンが開発されるのは少なくとも1年先だと、ファウチ氏は発言。議員からの質問に対し、米国の感染者数がどの程度になるのか具体的な見積もりを示すことはできないと話した。

原題:
Coronavirus Is 10 Times Deadlier Than Seasonal Flu, Fauci Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE