, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

メルケル首相、ドイツは「あらゆる措置取る」-新型コロナ拡大阻止で

ドイツのメルケル首相は11日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を抑えるためドイツは必要なあらゆる措置を取ると表明した。ベルリンでの記者会見で語った。

Coronavirus - Federal Press Conference

シュパーン保健相(左)とともに記者会見に臨んだメルケル首相(右)(11日、ベルリン)

  10日に欧州連合(EU)加盟各国首脳およびラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁とビデオ会議を行った首相は、事態を「極めて深刻に」受け止める必要があるという点でラガルド総裁に同意。ワクチンや治療法が確立されていない中で、市民の最大70%が感染するリスクがあるとの見方を示した。

ラガルドECB総裁、2008年の危機再来リスク警告-緊急行動呼び掛け

  ドイツは医療保健関連の予算を増やすほか、苦境にある企業に対し流動性を供給、勤労者の有給休暇を拡大するなどの措置を取る。

  首相はまた、EU加盟各国は感染拡大を遅らせるため協調して行動する必要があると語り、ウイルスと闘いつつも経済活動を維持する取り組みを呼びかけた。

  「ウイルスは欧州に到着した。誰もがそれを認識する必要がある」と述べ、EU加盟各国が感染拡大阻止のためそれぞれに役割を担うと付け加えた。

原題:Merkel Says Germany Will Do ‘Whatever It Takes’ to Tackle VirusMerkel Says Germany Will Do Whatever it Takes to Fight Virus (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE