, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • トランプ氏のウイルス対策、日銀がETF購入増額を検討との報道
  • 東京五輪1-2年延期が妥当か、独銀行負担の軽減策、伊首相の訴え
People check in at Terminal C at Logan International Airport in Boston on March 10, 2020.
People check in at Terminal C at Logan International Airport in Boston on March 10, 2020. Photographer: Suzanne Kreiter/The Boston Globe via Getty Images

ウイルス警戒で疲弊した心をなぐさめ、暮らしの活力を与えてくれるのが芸術やスポーツ。しかし新作映画の封切りは先延ばしが続出。米大リーグ機構(MLB)はロッカールームでの取材を事実上禁じ、今月末の開幕を待つファンを不安にさせています。東京オリンピックという最大級のスポーツイベントを巡っては、選手やファンに限らずスポンサー企業も気をもんでいます。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

ウイルスを味方に

トランプ米大統領は新型コロナウイルス感染に伴う景気対策として、給与税を11月の選挙まで免除することが望ましいと共和党上院議員らに伝えた。発言内容を知る関係者2人が明らかにした。前日に約束した景気対策の詳細を発表する記者会見はまだ開かれていない。政権スタッフはこの日の発表については知らされていなかったとして、動揺をあらわにした。

日経平均を下支え

日本銀行が上場投資信託(ETF)の購入枠を現行の年間約6兆円から増やす手段を検討していると、共同通信が報じた。18、19の両日開かれる金融政策決定会合で議論する見通しとしている。日銀はすでにETFの買い入れを積極化しており、10日もETFを1014億円買い入れた。

現実路線

新型コロナウイルス感染拡大の影響で東京オリンピックの今夏開催を断念する場合、最も現実的な選択肢は1年か2年の延期になるだろうと、ウォールストリート・ジャーナルが東京五輪・パラリンピック組織委員会の高橋治之理事による発言として報じた。開催中止ないし無観客での実施は金銭的ダメージが大きすぎると述べたという。

巻き戻し

ドイツの銀行監督当局は新型コロナ感染拡大による悪影響を和らげるため、銀行の資本規制を緩和する方策を議論している。独財務省当局者らは9日にドイツ連邦金融監督庁(BaFin)およびドイツ連邦銀行(中央銀行)の当局者らと会合。状況が良好な時に銀行に準備積み増しを求める計画について、要件を緩和する可能性を話し合ったという。

ドラギ式を要求

イタリアのコンテ首相は欧州中央銀行(ECB)にユーロ圏経済を守るための思い切った行動を求めた。イタリアでは新型コロナ感染者が1万人を突破した。コンテ首相は欧州連合(EU)加盟国首脳やラガルドECB総裁とのビデオ会議で、ECBに「なんでもやる」よう訴え、12日のECBの定例政策委員会で景気を支える行動を要求したという。

その他の注目ニュース

米CDC、一部地域では「封じ込め」の機を逸し「影響抑制」の段階に

なぜスーパーの棚が空になるのか、理性的な人がパニックに走る心理

ゴールドマン、株式相場はさらに下落した後で力強く回復と予想

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE