コンテンツにスキップする

ウォール街トレーダーの在宅勤務、業界団体がコンプラ規制緩和

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米証券業界の自主規制団体である米金融取引業規制機構(FINRA)は9日、コンプライアンスに関する規制を緩和すると発表した。

  発表によると、FINRAは遠隔勤務者の監督や一時的な勤務場所への移動についての柔軟性を高める。また、問い合わせへの回答や届け出の提出、調査への対応について、時間を要する企業に対しては期限延長を検討するという。

  FINRAはウェブサイトに掲載したガイダンスで、リモートオフィスや在宅で勤務するトレーダーの監視について銀行がポリシーを変更する必要があるかもしれないと認め、「メンバー企業に対し規制上の一部要件を一時的に軽減する」と説明した。

関連ニュース

ウォール街トレーダー「デスクから離れられず」-在宅勤務無理な理由

原題:
Wall Street Gets a Break From Regulator on Work-at-Home Traders(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE