コンテンツにスキップする
Subscriber Only

NY連銀、レポ取引の規模引き上げ-信用ひっ迫リスク抑制狙い

米金融当局は短期金融市場に一時的に供給する資金の規模を引き上げると発表した。世界的な信用ひっ迫リスクを抑えるよう、米当局に圧力が強まっている。

  ニューヨーク連銀は今週の翌日物レポとタームレポについて、供給規模を引き上げると9日に声明を出した。米連邦公開市場委員会(FOMC)は3日に緊急利下げに踏みきっている。

  ニューヨーク連銀は9日の声明で、「潤沢な準備を確実に維持し、政策実行に悪影響を及ぼしかねない短期市場での圧力上昇リスクを緩和する」と、規模引き上げの目的を説明した。

Central Banks in G-7 Countries

Traders are betting global central banks will cut rates this month

Source: Bloomberg

原題:Fed Faces Fresh Pressure to Act, Boosts Repo Operations (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE