コンテンツにスキップする
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America
cojp

世界の石油需要、今年は2009年来初のマイナスに-IEAが予測

  • 日量9万バレルの需要減も、悲観的なシナリオは73万バレル減
  • 中国で新型コロナが迅速に収束なら48万バレルの増加も
MIDLAND, TX - FEBRUARY 05: An oil drill is viewed near a construction site for homes and office buildings on February 5, 2015 in Midland, Texas. As crude oil prices have fallen nearly 60 percent globally, American communities dependent on oil revenue prepare for hard times. Texas, which benefited from hydraulic fracturing and the shale drilling revolution, tripled its production of oil in the last five years. The Texan economy saw hundreds of billions of dollars come into the state before the global plunge in prices. Across the state drilling budgets are being slashed and companies are notifying workers of upcoming layoffs. According to federal labor statistics, around 300,000 people work in the Texas oil and gas industry, 50 percent more than four years ago. (Photo by Spencer Platt/Getty Images)
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

国際エネルギー機関(IEA)は新型コロナウイルスが世界経済に打撃を与えるとして、今年の世界石油需要が2009年以来で初めて減少するとの見通しを示した。

  IEAは先月、日量80万バレルを若干上回る程度の需要増加見通しを示していたが、今回発表した月報では日量9万バレルの需要減を予測している。IEAとしては異例だが、需要の落ち込みがさらに深刻となる悲観的シナリオも示した。

  IEAは、「過去数週間で新型コロナウイルスは中国の医療・保健問題から世界的な緊急事態へと発展した」とし、「新型コロナの封じ込め対策は、国内外を問わず世界各地の輸送量を大幅に減少させた」と説明したた。

  悲観的なシナリオでは、今年の世界需要は日量73万バレルの減少が見込まれる。このシナリオは「すでに新型コロナの影響を受けている国の回復が想定以上に緩慢で、同時に欧州やアジアでさらに拡大する」ことを想定している。

  一方、新型コロナ感染が「中国で迅速に収束」する楽観的シナリオでは、今年の世界燃料消費が日量48万バレル増加すると、IEAは推計している。

Demand Slump

The IEA expects the coronavirus to wipe out oil-consumption growth this year

Source: International Energy Agency

原題:Oil Demand to Drop This Year for First Time Since 2009, IEA Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE