コンテンツにスキップする
Subscriber Only

きょうの国内市況(3月9日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株は2016年来以来の大幅安、感染者の増加加速で世界的な株売り

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は急落。欧米で新型ウイルスの感染者数が増え続け、世界の金融市場ではリスクオフの動きが強まった。為替相場の円高進行と原油急落で銀行などの金融、電機や機械などの輸出関連や素材中心に売られた。

  • TOPIXの終値は前営業日比82.49ポイント(5.6%)安の1388.97
    • 2016年6月24日以来の大幅な下落率
    • 16年11月11日以来の安値
  • 日経平均株価は同1050円99銭(5.1%)安の1万9698円76銭
    • 下落率は16年11月9日以来
    • 19年1月以来の2万円割れ

〈きょうのポイント〉

  • イタリアで新型コロナ死者急増、366人に-8日時点
    • 米NY州は非常事態宣言
    • 韓国で新たに248人感染確認-計7382人に
  • 原油急落、OPECプラス決裂で
    • NY原油先物は一時27ドル台-時間外取引
  • ドル・円相場は一時101円50銭台に円が急騰

  JPモルガン・アセット・マネジメントの重見吉徳チーフ・グローバル・マーケット・ストラテジストは「新型ウイルスで航空関連や小売りの資金繰りが苦しくなると言われていたタイミングで、意外感のあるOPECプラスの決裂だった」と指摘。「米国のエネルギーセクターのデフォルトが増えるのではないかという懸念もあり、日本株市場ではパニック的にリスクを減らす動きが広がっている」と述べた。

  • 東証33業種では銀行、電機、証券・商品先物取引、鉄鋼、非鉄金属、サービス、石油・石炭製品の下げが目立つ
  • 東証1部値上がり銘柄数は22、値下がりは2138

●長期金利一時マイナス0.20%に低下、リスク回避の買いー先物は最高値

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は続伸。長期金利は一時マイナス0.20%と昨年10月以来の低水準を付けた。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大懸念からリスク回避の買いが先行した。もっとも、その後は相場の高値警戒感や日本銀行の国債買い入れオペの結果を受けて上げ幅を縮小した。

  • 新発10年債利回りは前週末比6ベーシスポイント(bp)低いマイナス0.20%で開始した後、低下幅を縮め、一時マイナス0.15%まで戻す
  • 新発20年債利回りが一時0.10%を付けるなど、超長期債利回りは全年限とも昨年9月以来の水準まで低下
  • 長国先物3月物の終値は68銭高の155円32銭。一時は155円61銭と、中心限月として過去最高値を更新

市場関係者の見方

  • 三井住友トラスト・アセットマネジメントの押久保直也シニアエコノミスト
    • 新型ウイルス感染拡大でニューヨーク州も非常事態宣言を出すなど、米経済の失速が意識されて典型的なリスクオフ相場
    • 原油相場の暴落が期待インフレの低下につながりかねない面もあり、パニック的な債券買いになっている
    • ただ、長期金利がマイナス0.20%まで低下したことでいったん達成感が出たことに加え、日銀オペの結果も一部弱い内容となったことから午後は金利が低下幅を縮小

日銀オペ

  • 対象は残存期間1年超5年以下と10年超。各ゾーンとも買い入れ通知額は前回オペから据え置き
  • 応札倍率は残存1-3年と25年超が低下した一方、3-5年と10-25年は上昇

●ドル・円、フラッシュクラッシュ以来の大幅急落-一時101円57銭

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は大幅に急落し、一時2016年11月以来の安値となる1ドル=101円57銭を付けた。週末にかけての新型コロナウイルスの世界的な感染拡大や原油相場の急落がリスク回避の動きを加速させた。

ハイライト
  • ドル・円は午後3時31分現在、前週末比2.5%安の102円71銭。取引開始からドル売りが先行し、一時は3.6%安と19年1月のフラッシュクラッシュ(瞬間的な暴落)以来、下落率を記録した

市場関係者の見方

ドイツ証券外国為替営業部の小川和宏ディレクター:

  • ドル・円は豪ドル・円が急激に下がる中で、103円、102円と大台を割って急落。新型コロナウイルスの感染拡大で、イタリア北部の封鎖や米ニューヨーク州の非常事態宣言などが嫌気されている。きょうは原油価格の急落が震源
  • 原油安はエネルギー株の下落、そしてインフレ期待の低下、それに伴う長期金利の低下。3月18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)についても50bpの利下げだけじゃなく、ゼロ金利や量的緩和再開まで連想するような動き
  • 緩和余地の少ない円やユーロ、スイスフランはドル安の打撃をもろに受けるという形になっている。欧米の新型ウイルス感染拡大は始まったばかりの上、原油価格の問題が浮上し、まだ今はセリングクライマックスというわけでない
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE