コンテンツにスキップする
Subscriber Only

麻生財務相:神経質な動きある感じ、しばらく慎重に見極め-市場

更新日時
  • 為替協調介入の可能性については「コメントすることはない」
  • 金融でやれる範囲はかなり限られてきている、財政出動するべきだ

麻生太郎財務相は9日、新型コロナウイルスの感染拡大で急速に円高や株安が進んでいる市場動向について、「足元神経質な動きがあるような感じを受けている」と述べた上で、「しばらくよく見ておかないと1日で変わったりするので、慎重に見極めたい」との意向を示した。為替の協調介入の可能性に関しては「われわれはコメントすることはない」と述べた。国会内で記者団に語った。

  麻生財務相は同日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済的な影響への対応を問われ、「今の段階で金融でやれる範囲はかなり限られたものになってきている。財政を出動するべきだ」との見解を表明。「各国はまとまっていかないと世界経済に影響する」とした上で、「協調でやっていくことは金融だけではなく財政も含めて対応していかねばならない」と述べた。木戸口英司氏(国民民主)への答弁。

(第2段落を麻生氏の参院予算委員会での発言に差し替えて更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE