コンテンツにスキップする
Subscriber Only

原油一時31%急落、湾岸戦争以来の大幅安-OPECプラス決裂で

更新日時
  • サウジが少なくとも過去20年で最大の値下げに動くことが分かった
  • 価格戦争が始まり原油が際限なく下落しかねないとの不安が広がる
oil storage
Photographer: Annie Sakkab/Bloomberg

アジア時間9日早朝の取引で、国際原油価格が1991年の湾岸戦争以降で最も大幅に下げた。石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」が減産強化で合意に至らなかったことを受け、主要産油国が価格戦争に事実上突入したとの懸念が広がった。

  北海原油代表油種ブレント先物は一時31%急落し、5月限が14.25ドル安の1バレル=31.02ドルの安値を付けた。ゴールドマン・サックス・グループは原油相場が20ドル台まで下げる恐れがあると警告した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物も27%下落し、一時11.28ドル安の30ドルで取引された。

  サウジの国営石油会社サウジアラムコが4月の極東と米国、欧州向け代表油種の公式販売価格(OSP)について、少なくとも過去20年で最大の値下げに踏み切ることが7日分かった。

  サウジ当局者はさらに一部の市場参加者に対し、必要な場合には大幅な増産が可能であり、過去最大の日量1200万バレルまで増やすこともできると非公式に示唆したという。一方、ロシアも石油企業が可能な限りの量の生産を自由に行うことができるとの立場を示した。

  エネルギー・コンサルタント会社リポー・オイル・アソシエーツのアンディ・リポー社長は「OPECが市場シェア獲得を目的とする価格戦争への関与に乗り出すことで市場に衝撃を与えたのは明らかだ」と指摘した。

Oil was down about 30% this year after OPEC+ failed to deepen output cuts
Aramco's cuts in Asia oil pricing are deepest in at least 20 years

原題:Oil in Freefall After Saudis Slash Prices in All-Out Crude War

Saudis Plan Big Oil Output Hike, Beginning All-Out Price War(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE