, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

モデルナ新型コロナワクチン治験、今月開始へ-一番乗りの可能性

  • ヒトへの投与開始は「2、3週間以内」になるとCEPIのCEO
  • 臨床試験は今夏にも第2段階に達する可能性-モデルナ株上昇

米バイオテクノロジー会社モデルナの新型コロナウイルスワクチン候補をヒトに投与する試験が今月開始される方向だ。各社がワクチン開発を進める中で、同社が一番乗りとみられる。

  官民連携パートナーシップの感染症流行対策イノベーション連合(CEPI、本部オスロ)のリチャード・ハチェット最高経営責任者(CEO)はモデルナのワクチンについて、臨床試験の開始は「2、3週間以内」になるだろうと指摘した。米政府関連ウェブサイトによると、試験開始は19日と見込まれる。

  モデルナはコメントを控えた。

  医薬品やワクチンの臨床試験は通常、安全性や有効性などを検証するため3段階を経るが、ハチェット氏はモデルナのワクチンが今夏にも第2段階に達する可能性があると言及した。

  同氏はワクチン開発プログラムでは製造や精製、安全性などの面で「どのような問題が出てくるのか分からない」とした上で、「分かっているのは今回が臨床試験に入る全世界で初めての事例になることだと、私は99%確信している」と語った。

  モデルナの株価は6日、5.7%高で引けた。

原題:
Moderna’s Coronavirus Vaccine Trial Set to Begin This Month (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE