, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

長期金利一時マイナス0.20%に低下、リスク回避の買いー先物は最高値

更新日時

債券相場は続伸。長期金利は一時マイナス0.20%と昨年10月以来の低水準を付けた。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大懸念からリスク回避の買いが先行した。もっとも、その後は相場の高値警戒感や日本銀行の国債買い入れオペの結果を受けて上げ幅を縮小した。

  • 新発10年債利回りは前週末比6ベーシスポイント(bp)低いマイナス0.20%で開始した後、低下幅を縮め、一時マイナス0.15%まで戻す
  • 新発20年債利回りが一時0.10%を付けるなど、超長期債利回りは全年限とも昨年9月以来の水準まで低下
  • 長国先物3月物の終値は68銭高の155円32銭。一時は155円61銭と、中心限月として過去最高値を更新

市場関係者の見方

  • 三井住友トラスト・アセットマネジメントの押久保直也シニアエコノミスト
    • 新型ウイルス感染拡大でニューヨーク州も非常事態宣言を出すなど、米経済の失速が意識されて典型的なリスクオフ相場
    • 原油相場の暴落が期待インフレの低下につながりかねない面もあり、パニック的な債券買いになっている
    • ただ、長期金利がマイナス0.20%まで低下したことでいったん達成感が出たことに加え、日銀オペの結果も一部弱い内容となったことから午後は金利が低下幅を縮小
  • SBI証券の道家映二チーフ債券ストラテジスト
    • 新型ウイルスの影響が読めない中で、元本割れリスクの小さい国債に資金が集まってしまっている
    • 日銀の利下げ予想といった理屈で動いているわけではなく、年度末を乗り切るまでとにかく元本割れリスクの小さいものを物色する動き
    • 10年債は主体ではなく、中期や先物、超長期ゾーン主導のカーブ形状で10年金利の居所が決まっている
長期国債先物3月物の日中取引推移

日銀オペ

  • 対象は残存期間1年超5年以下と10年超。各ゾーンとも買い入れ通知額は前回オペから据え置き
  • 応札倍率は残存1-3年と25年超が低下した一方、3-5年と10-25年は上昇
  • 備考:過去の日銀オペ結果一覧

背景

  • 米10年物国債利回りはこの日の時間外取引で一時0.5%を割り込み、再び過去最低を更新
  • 外国為替市場ではドル・円相場が一時1ドル=101円57銭と、2016年11月以来の水準まで円高が進行
  • 東京株式相場株は急落。日経平均株価の終値は1050円99銭安の1万9698円76銭と、昨年1月以来の2万円割れ

新発国債利回り(午後3時時点)

2年債5年債10年債20年債30年債40年債
-0.315%-0.300%-0.155%0.140%0.255%0.275%
前週末比-2.5bp-2.5bp-1.5bp-4.0bp-5.5bp-5.0bp
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE