コンテンツにスキップする

サウジ1000万バレル超えの増産計画と関係者-「価格戦争」突入も

更新日時
  • アラムコが過去20年で最大の値下げに踏み切ることも7日分かった
  • 4月にまず1000万バレル超える水準まで増産する可能性高いと関係者

石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」が減産強化で合意に至らなかったことを受け、サウジアラビアは日量1000万バレルを十分上回る増産を4月に計画している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者が匿名を条件に語ったところでは、サウジ当局者は一部の市場参加者に対し、必要な場合には大幅な増産が可能であり、過去最大の日量1200万バレルまで増やすこともできると非公式に述べたという。

  サウジの考えをよく知る関係者によれば、同国はまず4月に現行の日量約970万バレルから1000万バレルを超える水準まで増産する可能性が高い。

  新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、原油需要が損なわれる状況で、サウジが供給拡大に動けば国際原油市場が混乱する恐れがある。

  一方、サウジの国営石油会社サウジアラムコが4月の極東と米国、欧州向け代表油種の公式販売価格(OSP)について、少なくとも過去20年で最大の値下げに踏み切ることも7日分かった。同国産原油の販売を可能な限り増やし、シェアを奪う狙いがありそうだ。

  ブルームバーグが内容を確認した発表資料のコピーによれば、アジア向けOSPをバレル当たり4-6ドル、米国向けは同7ドル引き下げる。アジア顧客向けのアラブ・ライト原油の価格は6ドル下がり、中東産原油の指標価格を3.10ドル下回る価格に設定される。サウジアラムコに取材を試みたが、価格変更に関するコメントはこれまでのところ得られていない。

  OPECプラスが現在実施している合計日量210万バレルの協調減産は3月末が期限となる。OPECは4-6月(第2四半期)に限定し、さらに日量150万バレルの減産を提案したが、ロシアなど非OPEC産油国の同意は得られなかった。

  石油コンサルタントFGEの中東担当マネジングディレクター、 イマン・ナセリ氏は「サウジは今やまさに全面的な価格戦争に突入しようとしている」と指摘。商品ヘッジファンドの匿名の運用担当者も「原油市場で宣戦布告したのも同じ」との見解を示した。

  8日の中東の株式市場では、原油の価格戦争が始まり相場が際限なく下落しかねないとの不安が広がる中で、サウジの代表的な株価指数が一時6.5%急落し、アラムコの株価も新規株式公開(IPO)価格の32リヤルを一時割り込んだ。ドバイとアブダビ、クウェートの代表的指数も一時5.3%から6.4%下げた。

Saudi War

Aramco cuts price of Arab Light in Europe the most in 20 years

原題:Saudis Plan Big Oil Output Hike, Beginning All-Out Price War

Aramco Slashes Crude Pricing, Starting Oil War as OPEC Flops

Aramco Slumps Below IPO Price as Kingdom Starts Oil-Price War

Stocks in Mideast Plunge as Producers Head Toward Oil-Price War(抜粋)

(8日の中東市場の株式相場を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE