コンテンツにスキップする

安倍首相、企業の資金繰り「強力に支援」-10日に緊急対策第2弾

更新日時
  • 中小に実質無利子・無担保融資、雇用維持・事業継続を最優先に対策
  • 新型コロナウイルス感染拡大続く、6日は最多の50人超-厚労省

安倍晋三首相は7日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、企業の資金繰り支援を含めた経済面への対応などを柱とする緊急対策の第2弾の10日取りまとめに向け、作業を急ぐよう指示した。

  安倍首相は今後の対策について「雇用の維持と事業の継続を当面、最優先に全力を挙げて取り組む」と表明。特に資金繰りについては「前例にとらわれず、強力な支援策を講じる」とし、日本政策金融公庫などに特別貸付制度を創設し、売り上げが急減した個人事業主を含む中小企業を対象にした無利子・無担保の融資を行うと述べた。

  中堅、大企業に対しても経済環境の大きな変化が起こった際に、政府系金融機関が中小企業に必要な資金を貸し付ける危機対応業務を発動する方針を表明。債務の返済猶予など民間の金融機関による柔軟な対応の重要性も訴えた。

企業の資金繰り支援第2弾策定へ、金融機関の対応状況は公表-政府

  また、感染拡大がさらに深刻化した場合に政府が緊急事態を宣言することを可能とするための新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正案を来週中に国会に提出する方針も示した。

安倍首相の発言のポイント
  • 緊急対策第2弾は、感染拡大防止等と医療提供体制の整備、学校の臨時休校に伴って生じる課題の対応、事業活動の縮小や雇用への対応、事態の変化に即応した緊急措置等を柱に具体化加速を指示
  • 貸し出し条件の変更などの民間金融機関による企業の資金繰り支援への取り組み状況をモニタリング
  • 臨時休校で休む保護者に全額国費負担の助成金、正規・非正規問わず給与の手当て

 

歯止めかからぬ感染者増

  厚生労働者によると、6日に全国の自治体から報告を受けた新型コロナウイルスの国内感染者は59人となった。クルーズ船を除けば、1日での報告者数としては過去最多。安倍晋三首相は大規模イベントの中止・延期や小中高校の臨時休校などを要請しているが、現段階では感染者数の増加に歯止めがかかっていないようだ。

  6日に報告されたのは患者が53人で、無症状の病原体保有者が6人。国内感染者は、空港の検疫で確認された1人を含めて408人となった。7日も札幌市で6人の感染が判明するなど複数の自治体が新たな感染者を発表している。

Virus Japan GETTY Sub

通勤時間帯の品川駅

  政府は2月25日に対策の基本方針を公表。安倍首相は「この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要」として26日に大規模イベントの中止や延期、27日には全国の小中高校の臨時休校を要請。3月5日には中国や韓国からの入国者に対して指定場所において2週間の待機を要請することも決めている。

  ただ、感染者数は拡大傾向が続いており、3月4、5両日は30人超の感染者が厚労省に報告された。  

(安倍首相の政府対策本部での発言を追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE