, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

安倍首相が鼻声で国会答弁、咳も-原因は「花粉症」と菅官房長官

安倍晋三首相

安倍晋三首相

Photographer: KAZUHIRO NOGI/AFP

新型コロナウイルス対策についての議論が続く国会で6日、安倍晋三首相が鼻詰まりのような声で答弁し、咳(せき)をする場面も見られた。菅義偉官房長官は記者会見で首相の健康状態を問われ、「花粉症」だと説明した。

  安倍首相は6日午前の参院本会議で、3人目の音喜多駿氏(日本維新の会)への答弁の際に、2回咳をした。ペーパーを読み上げる際に1回した後、2回目は厚生労働省が正しい咳エチケットとして推奨する、「上着の内側や袖で覆う」動作を実践した。マスクは着用していなかった。

  菅氏は、首相と「朝、お会いしたが元気そうだった」とした上で、「今日は花粉症の症状が少し出ていたのかなと思っている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE