コンテンツにスキップする

1ドル=95円は「現実的なターゲット」-ゴールドマン・サックス

新型コロナウイルス感染拡大の中で世界の市場が秩序を欠いた状況になれば、円は2013年以来の高値に達する可能性があると、 ゴールドマン・サックス・グループが指摘した。

  グローバル通貨・新興市場戦略共同責任者のザック・パンドル氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、円の長期的な適正価値の推計は1ドル=95円だと述べた。6日早い段階は106円前後で取引された。

  パンドル氏は「円は相当の上昇余地がある」とし、「円は、比較的過小評価されていると言える数少ない典型的な逃避先資産の1つだ」と述べた。

Goldman's Pandl estimates yen could rise to 95 per dollar

  パンドル氏は円高進行には時間がかかるかもしれないとして、95円に「明日達するとは思わないが、今後数カ月にわたって世界の市場で非常に秩序を欠いた局面が続けば現実的なターゲットだと思う」と語った。

  同氏はまた、これ以上の円高は日本銀行の注意を引くだろうとした上で、日銀は「ある時点で歯止めを掛けようとするかもしれないが、相対的に見てできることはほとんどないだろう」と語った。

ゴールドマン・サックスのザック・パンドル氏

出典:ブルームバーグ

原題:
Goldman Sachs Says Yen at 95 Per Dollar is a ‘Realistic’ Target(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE