, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

7&iHD株が3年ぶり上昇率、米スピードウェイ買収断念で

更新日時

セブン&アイ・ホールディングス株が6日、一時6.9%高の3879円まで上昇した。2017年1月以来の日中上昇率。検討していた米石油精製会社マラソン・ペトロリアムのコンビニ併設型ガソリンスタンド部門スピードウェイの買収を断念したことが5日に判明した。

  同社はスピードウェイの買収を検討し、独占交渉していたが、買収額が折り合わず断念した。買収額は最大で約220億ドル(約2兆4500億円)とされていた。

  ジェフリーズ証券のアナリスト、マイク・アレン氏は報道が本当であれば「株主の観点に立った行動」であり、「少なくともガバナンスが効いている」あらわれだと5日付の投資家メモでコメントした上で、株価は買収発表前の水準まで上昇する余地があるとの見方を示した。

  買収で独占交渉していることが報じられた前日(2月12日)の終値から今月5日まで、株価は約16%下落していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE