コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: Chip Somodevilla/Getty Images North America
Cojp

ガンドラック氏、米金融当局は今月0.5ポイント追加利下げの公算大

  • 米政策金利はゼロに低下する可能性高い-CNBCとのインタビュー
  • 当局はマイナス金利の採用よりも資産購入を柱とするQE再開へ

米金融当局は新型コロナウイルス感染拡大による米経済への影響拡大を緩和するため、今月の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.5ポイントの追加利下げを行う可能性が高い。ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)はこう予想した。

  ガンドラック氏は5日のCNBCとのインタビューで「当局がわずか約2週間後の次回会合で0.5ポイント利下げすると思う」と語った。

  新型ウイルスの感染が全米に広がり、経済を広く混乱させるとの不安感は市場に大きな打撃を与えており、S&P500種株価指数は過去10営業日で9%下落。米10年国債利回りは過去最低を記録した。強気相場が何カ月も続いた後の市場センチメントの急変を受け、当局は対応を急いでおり、米金融当局は今週緊急利下げを決定。投資家の間では2008年のような相場のメルトダウンが再発しかねないとの懸念もある。

  ガンドラック氏はインタビューで、米政策金利がゼロに低下する可能性が高いと予想。一方で、米金融当局はマイナス金利を採用するよりも資産購入を柱とする量的緩和(QE)を再開するだろうと指摘した。また、現時点で保有すべき最良の投資商品は金だとする一方、金融・運輸セクターは「急落中で」避けるべきだと述べた。

原題:
Gundlach Says Fed Likely to Again Cut Rates 50 Basis Points (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE