コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米上院、8300億円規模の新型ウイルス対策法案を可決-大統領に送付へ

  • トランプ大統領は法案に署名するとみられている
  • トランプ氏が求めていた額を大幅に上回る規模

米上院は5日、新型コロナウイルスの緊急対策に78億ドル(約8300億円)を手当てする歳出法案を可決した。同法案はトランプ大統領に送付される。大統領は同法案成立を目指す動きについて「すばらしいニュース」だとコメントしており、署名するとみられている。

  上院の採決結果は賛成96、反対1。同様の法案は4日に下院で可決されていた。

  トランプ大統領は新たな予算12億5000万ドルに加え、他の社会・公衆衛生プログラムからの12億5000万ドルの転用を求めていたが、これを大幅に上回る規模となる。

  同法案は州・自治体に新型ウイルス対策費を補助する内容で、医療用品備蓄のための31億ドルなども盛り込まれている。

原題:
Senate Sends $7.8 Billion Virus Bill to Trump for Signature(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE