コンテンツにスキップする
Subscriber Only

セントルイス連銀総裁:次のFOMC会合、追加利下げ期待は間違い

セントルイス連銀のブラード総裁は、今月17-18日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合で追加利下げが決定されるとの市場の想定は間違っていると述べた。新型コロナウイルスが経済の見通しにどのような影響を及ぼすのかについて、金融政策の当局者が会合までに、今以上に理解を深めるとはほぼ考えられないからだと説明した。

  「政策金利は当面、適切な状態になったと考えている」とブラード総裁は4日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで発言。「3月会合までに今と大きく異なる情報を得る可能性は低い」と述べ、「現時点で3月会合にかなりの重点を置くことが賢明だとは確信が持てない」と続けた。

セントルイス連銀のブラード総裁

Markets: European Close.” (Source: Bloomberg)

原題:Fed’s Bullard Says Don’t Put Much Weight on March Meeting Cut(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE