, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

スタンダードチャータード会長、次期CEO職巡り数人に打診-関係者

  • 東南アジアと英国、欧州の企業に在籍する潜在的候補者の関心見極め
  • ウィンターズCEOが退任する計画はない-銀行側コメント

英銀スタンダードチャータードのホセ・ビニャルス会長は今年、ビル・ウィンターズ最高経営責任者(CEO)の後任候補として何人かの銀行業界幹部に非公式に打診した。

  ビニャルス会長は東南アジアと英国、欧州大陸の企業に在籍する潜在的な候補者からの関心を見極めていると事情を知る関係者が匿名を条件に語った。関係者によれば、同会長のリサーチは現時点では正式な人選過程の一環ではない。

  スタンダードチャータードの報酬ポリシーに投資家の一部が反対したことを受け、ウィンターズCEOは昨年、投資家と対立。同CEOは、自らの年金に関する投資家の批判について「大人げない」と発言した。

Launch Of COP26 Private Finance Agenda

ホセ・ビニャルス会長

  同行は最終的に同CEOの退職手当を減らしたが、ビニャルス会長はウィンターズCEOの対応について不満を感じていたと関係者は話した。

  スタンダードチャタードはブルームバーグ・ニュースに対し、ビニャルス会長と取締役会はウィンターズ氏にCEO職を「できるだけ長く」続けてもらいたいと考えており、同CEOが退任する計画はないと資料でコメントした。

  その上で、「2016年終盤の会長入行以降、上級経営チームの後継者育成は続いている」とし、内部候補者の検討と共に「潜在的な候補者や人材会社との面談」がこうした取り組みに含まれると説明した。

原題:StanChart Chairman Sounds Out Bankers to Replace CEO Winters (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE