コンテンツにスキップする
Subscriber Only

JPモルガン、試験的な在宅勤務指示-新型肺炎でオフィス閉鎖に備え

米銀JPモルガン・チェースは、米国内で新型コロナウイルスの感染が拡大し、国内のオフィスが閉鎖されるような事態に備える危機管理計画の一環として、数千人の行員らに在宅勤務の指示を出した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  内部情報であることを理由に関係者らが匿名を条件に語ったところでは、JPモルガンのマネジャーらは「プロジェクト・ケネディ」と呼ばれる緊急対応計画に沿って、コンシューマーバンクのスタッフの約10%に在宅勤務を求めた。

  主に米国内で営業するコンシューマーバンクの行員数は12万7137人と、一つの部門としては最も多い。JPモルガンの広報担当者はコメントを控えている。

原題:JPMorgan Tests U.S. Virus Plan With Thousands Working From Home(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE