, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

野村HD:女性役員が5人に増加、新任役員の半数は中途組ー4月1日

野村ホールディングス(HD)は3日、主要子会社を含む4月1日付の役員人事を発表した。女性役員が2人増えて5人となるほか、新任役員12人のうち、6人が中途入社組となる。広報担当の山下兼史氏は「能力の多様性とチームワークを重視し、変化に対応力のある体制を作っていく」とコメントした。

Nomura Holdings Inc. Reports Second-Quarter Earnings

役員人事を発表した野村HD

  新任の女性役員は、野村HDの執行役員に就任する森貴子氏と尾崎由紀子氏。野村アセットマネジメントの社長を務める中川順子氏ら続投する3人を加えて5人となる。

  グループ法務担当の森氏は弁護士として法律事務所などに勤務した後、2011年に野村証に入社。グローバル人事担当の尾崎氏はノエビアのシステム開発部門を経てドイツ証券に採用された。06年にリーマンブラザーズ証券に移籍し、同証が野村HDに買収された08年に野村証に入社した。

  また、中途入社組は、森・尾崎両氏に加えて野村HD執行役員となる茂木豊氏、野村証券常務となる加藤壮太郎氏、野村アセット執行役員となる平松剛氏、久米川一哉氏の6人。

  このほか、野村証では中国担当の飯山俊康専務が代表取締役副社長に、米国拠点最高経営責任者(CEO)に転出する赤塚庸・インベストメント・バンキング・グローバルヘッドの後任となる後藤匡洋常務が専務に、それぞれ昇格する。

  一方、大和証券グループ本社の4月1日時点の女性役員数は、証券子会社などを含むグループ全体で9人となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE