コンテンツにスキップする
Subscriber Only

シティ、モルガンS、メットライフも-不要不急の国外出張を全て制限

  • シティなど3行は最高幹部の承認を得ずに国外に出張しないよう指示
  • メットライフとBNYメロンも同様の規則を課したと関係者

シティグループモルガン・スタンレーウェルズ・ファーゴなどの大手米銀、米生保最大手メットライフは、新型コロナウイルスの世界的感染拡大に伴い、行員や社員の出張制限を強化し、不要不急の全ての国外出張を対象とする方針だ。

  シティなど3行は、最高幹部の承認を得ずに国外に出張しないよう行員らに指示した。従来は感染拡大が最も深刻な国々が出張制限の対象だった。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、メットライフとバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)も同様の規則を課した。JPモルガン・チェースは先週段階で、不要不急の全ての国外出張を制限の対象にすると行員に伝えていた。

  関係者によると、ゴールドマン・サックス・グループも不要不急の全ての国外出張を制限し、ニューヨークで今週予定していた会議の開催も無期延期とした。

原題:U.S. Banks, Insurers Expand Travel Curbs in Response to Virus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE