コンテンツにスキップする
Subscriber Only

インドネシア、財政刺激策第2弾を計画-新型ウイルスの影響に対応

  • 10兆3000億ルピアの第1弾より「大型」になるとハルタルト調整相
  • 第1四半期の経済成長率は4.7%に鈍化する見通し-2019年は5.02%

インドネシアは景気下支えに向け第2弾となる財政刺激策の策定に動いている。同国中央銀行も新型コロナウイルス感染拡大が金融市場に与える影響の緩和に動いた。

  ハルタルト調整相(経済)は2日のインタビューで、新たな財政措置について、先週発表された10兆3000億ルピア(約780億円)規模の第1弾よりも「大型」になると説明。「さらに刺激を投じる必要がある」と語った。

Key Speakers at Future of Asia Conference

ハルタルト調整相

フォトグラファー:Kon Akon / Bloomberg

  インドネシアはこの日、国内で初めて新型ウイルスの感染を確認した。金融市場の混乱を受け、中銀は市場介入の継続を表明するとともに預金準備率の引き下げを発表した。

  ハルタルト調整相は1-3月(第1四半期)の経済成長率が4.7%に鈍化するとの政府見通しも明らかにした。2019年は5.02%だった。

Indonesia on track for slowest quarter of growth in more than a decade

原題:Indonesia Plans New Stimulus Package to Counter Virus Threat (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE